スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の考察ぷらす

リアルは忙しく、PCの個人での再入手も困難、自宅にあるPCを短時間借りて細々と書いて居る事もあり、記事が中途半端になりがち・・・
阿知賀編の6巻を読んだ後辺りから何かが引っ掛かっていた。

清水谷竜華の能力は明らかになっていないし、ヒントになる様なものもなかった。そもそも『大星淡より上の実力と云う、「最高状態の清水谷部長」』は能力者で或ると読んで良かったのだろうか?
もしかすると自分は大きな勘違いをしていたのではないか?能力者=強者・・・天才みたいになっていたのではないか。

確かに阿知賀編での能力者等の描写を見ているとそんな気になってしまうが、果たしてそれは正しいのか?正しかったのか?今一度認識を改め直す必要があるのではないだろうか。

先ず
長野の風越と龍門渕(透華が乗っ取る前)、奈良の晩成、大阪の千里山に姫松、去年までの福岡・新道寺のグループ。
対して
北海道の有珠山、岩手の宮守、東京の白糸台、長野の清澄と龍門渕、奈良の阿知賀、今年の新道寺、鹿児島の永水のグループ。
ほぼ留学生で勝ち続けた臨海を例外として、2つのグループに分けると、古くからの強豪、名門校は能力者を殆ど使っていない。
逆にここ数年で出て来た新興の学校や力をつけた学校には能力者が多い。

これはいかに能力者が優れているかを示して居るように見える所もあるが、事実は違う。
確かに能力者の中には一気に戦局を覆してしまう強力な能力の持ち主もいるが、秀才的な強さに過ぎない者の方が多い。
それは晩成や千里山など古くからの強豪校に能力者が居ない(少ない)事からも分かる。

どれ程強力な能力も相手にばれてしまっていれば対処されてしまい(一部例外的な能力もあるが)、安定的な力にはなりえない。
個人戦は兎も角、団体戦に於いては、姫松の末原恭子や千里山の船久保浩子の情報収集こそが最大の脅威になる。

古豪の名門校や強豪校は、強力だが安定性に欠ける能力者より、万能で安定性がある人材を登用して来たのではないだろうか。
確かに中には、宮永照や神代小蒔の様に強力無比な能力者もいるが。
例外中の例外で、日本全国で10年に一人位の逸材だろう。

上記の様な事を踏まえると、千里山の監督、愛宕雅枝の方針も、能力者に頼るチーム作りではなく、船久保弘子を中心にした情報と研究に比重を置いたチーム作りと推測できる。
また同じ大阪代表の姫松の赤阪郁乃も他校の研究対策に余念がない。
但し漫画的に能力者以外が活躍するのは難しいかもしれない。




続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

おさらいー原村和と宮永咲ー

原村和・・・咲‐saki‐のメインヒロイン。
主人公の咲とは色々な意味で対極に位置する。

麻雀のプレイスタイル
デジタル打ちの完全理論派。部長も和の様に打ちたい旨の発言をしている事から、咲世界でも王道な打ち方と捉えて良いかもしれない。
能力での出来事や流れを完全否定、感性や感覚等を排し確率で打つ。

咲世界では強者は能力を使う事が多く、感性や感覚に頼って打つことが多い。
和はこれらの事をどう説明付けているのか不明。(和の場合、インターネット麻雀が主流で、他雀士の現実の打ち回しを殆ど見ていないのも要因。)

*コンピュータ麻雀等での描写から、咲も感性や感覚を重視して打っていると思われる。

性格等
咲の臆病な性格とは違い、強気で負け嫌いな性格。
麻雀では、心は熱く頭はクレバーに
頭脳明晰でスタイル抜群、強気で勇の気質も備えた作中最も恵まれたスペックのキャラ。

咲の世界観では珍しく、親が麻雀をする事に反対している。
*現実なら他のユーザーに「運営が用意したプログラムでは」と言われるほど遣り込んで居れば反対もされるだろう。

和の麻雀は無数のネット麻雀での対局、努力の結実したものと言って良いだろう。
対して咲はそこまで数をこなしていない。
家族麻雀が殆ど全て、照が東京に行ってからは打っていないだろう。
中学1年・・・照の受験も考えると、小学校卒業時で麻雀をやめた可能性もある。
小学校卒業くらいの麻雀歴で全国大会出場レベルの高校生を倒す実力は正に魔王。

二人の共通点は親と何かしらの確執があると云ったところか。
しかし和は咲の麻雀の強さを認めているが、咲が和の麻雀を評価している所は見られない。
和の麻雀への情熱は認めているが、その実力について評価しているかは微妙。
咲が他者の麻雀の打ち方に対してどう考えているのか不明。咲の麻雀観とはどう云ったものなのだろうか?
そう見ると、どのようなものであれ咲に言葉を言わしめた末原恭子は強敵なのかもしれない。
私的に考える咲の麻雀に於いての弱点(メンタル以外)と照らし合わせると末原恭子は確かに相性が悪そうである。

和と咲を対比すると、仲間よりライバルの方がしっくり来るのだが、やはりデジタルは麻雀としては地味(漫画的な意味)か・・・そうなると今後の展開は絞られてくるのかな。。。


テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

おさらいー宮永咲②ー

原村和
咲が羨む程の美少女雀士、勉強も出来る才色兼備の巨乳。
作中唯一親が麻雀を打つ事に反対している。
感覚や感性で打つ咲や他の能力持ち雀士とは異なり、冷静で確率重視の完全デジタル雀士。現実世界の主流派で、作者の理想の投影ではと推測。
ある意味もう一人の主人公と言える。

竹井久
麻雀部部長
麻雀が上手いだけだった咲の才能に逸早く気付き麻雀部への入部を画策する。
(麻雀が強いと判明するのは和との2度目の対局)

染谷まこ
麻雀部部員の2年生

片岡優希
麻雀部部員で和の中学時代からの親友、正体はタコス。

藤田靖子
プロ雀士。咲の成長を促す事になる。
咲はメンタル面に弱点を抱えている。強者と対峙すると怖気付いてしまい実力が出せない。
この藤田靖子との対局で(和の助力もあったが)、強者ともまともに対局出来るようになる。

天江衣
長野県大会決勝で咲を圧倒した天才雀士。「牌に選ばれた子の一人」
藤田プロとの対局を得ていなければ勝つことは難しかったであろう。

全国大会団体戦での姉妹対決はなく、麻雀での姉妹邂逅は難しそうであるが、咲の成長により照の心も融解するかもしれない。
姉妹の麻雀での対立点は、咲がまともに麻雀を打たない事(打てない)。
勝てるのに勝たない咲を照は快く思っていなかったであろう。
しかし強者にも臆する事なく対局し、勝つ姿に妹の成長を見出す事が出来るはず。

姉妹、或いは家族の対立が湖の少女関連だとすると、麻雀だけでの姉妹邂逅は訪れず、更なる展開が必要で、その鍵を握るのは、母親、湖の少女、それとも・・・









テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

おさらいー宮永咲①ー

全国編の放送が始まる前に、咲と麻雀についてのおさらい。
麻雀歴など
10年前には普通に打てる様になっていた事から、もの心つく頃には麻雀牌を握っていたと思われる。
楽しみながら打つ描写等もあり、家族関係も良好、麻雀も家族から教えて貰ったのだろう。

嶺上開花について
咲といえば嶺上開花自摸で上がる事が他人より多く、咲の代名詞的な技術(技と呼んだ方が良いのかな?)となっている。
これは姉の照似の女性(身長などの対比から母親の可能性が高いだろう)に説明されている描写がある。
咲の才能を見て教えたのかまでは不明だが、その後の家族仲を考えると嶺上開花への拘りを感じさせるものである。

プラマイゼロ
咲を語る上で忘れてはいけないのが麻雀の収支をプラマイゼロにする技術である。
これは家族に教えてもらった技術ではなく、自身が生きる為(大袈裟か)に身に付けた技術であり、作中でこれをやった描写があるのは咲のみである。
自分のお年玉を守る為に身に付けたとはいえ、宮永家でそれをなし得るのは至難であろう。


現役最強高校生雀士・宮永照。その記事を見て「相変わらず勝ってるんだ・・・」とある事から、家族麻雀をしていた当時から強い(負けない)事が伺える。
そんな姉を相手に家族麻雀でプラマイゼロは実質上不可能ではなかろうか?
恐らく照は咲(妹)からお年玉を巻き上げたりはしなかったのではないだろうか。

姉妹確執
家族麻雀でのお年玉巻き上げは、麻雀を強くする為の英才教育の一環だったと考える。
姉妹確執の原因の一端は麻雀に起因するものと推測。
勝つ為の麻雀を(追求)する姉と負けない為の麻雀に終始する妹。
このプレイスタイルの違いが要因の一つで、照は咲の才能を埋もれさせるような麻雀に対して批判的だったのだろう。
夫婦別居にも関わっていそうな麻雀・・・鍵を握るのは母親か・・・

湖の少女
まだ家族関係が良好だった頃。一緒に旅行に行った車椅子に乗る少女。(会いに行くのが目的だったとも考えられるが)
関係性は不明だが、咲に暗い陰を落とす。
咲の見た目(集合写真の服装)から、嶺上開花について教えてもらった頃と同じかその少し後と思われるが、色々と推測の域を出ない。

須賀京太郎
「京ちゃん」「咲」と呼び合う仲の良さで、咲曰く「中学のクラスメート」。
咲の家庭環境を全くと言って良い程知らない事からもその通りの関係なのだろう。
しかしちゃん付けで呼んでいることから、中学以前からの知り合いの可能性もある。(咲の精神年齢が意外と幼い可能性も否定しきれないが)

清澄高校麻雀部入部以前の咲の情報としては概ねこのくらいであろうか。
次回は麻雀部入部後の咲をお浚いしたいと思います。



テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

咲‐Saki‐全国編が14年1月に・・・

咲‐Saki‐全国編の放送予定が14年1月と発表されました。
思ったより早い放送開始になったなと言うのが率直な感想です。
私は原作のペースを大事に、予定が遅めになって14年秋の編成に入るかもと考えていました。
原作のストック等に関しては、今の連載ペースなら大丈夫かなと思います。

話数に関しては、是非2クール26話で、4校合宿から魅せてくれると嬉しい。
放送が1クールだと阿知賀並の駆け足になり、1話OP前に対局シーン、OP後少し戻って開会式とかって展開になりかねない。
それに1クール放送だと原作で準決勝の1~2週間後にTV放送終了になりそうなので、あまり良いタイミングとは思えない。(特に新規ファン獲得を考えた場合は)

恐らくTV放送は準決勝終了までをやると思うので、1クール放送だと作者との打ち合わせを入念にしておく必要がある。
準備期間が結構あり、展開を描くだけなら問題ないが、作者の意図などを描き切るには厳しいと思われる。
巧い流れを創る為にも、是非2クールでの放送を期待したい。

その後の流れとしては、シノハユのアニメ化・・全国大会決勝戦編の放送と進んで貰いたい。
OVAや映画での決勝戦や周辺の映像化は避けて欲しい、大人の事情での映像化は色々と危い。
希望としては全国編2クール放送、咲日和1クール、シノハユ2クール、決勝編と云って欲しい。

原作は、シノハユがどんな伏線になっているのかであろう。
はやりんの過去・・・それとも四人集まったあの対局こそが先の展開に大いに関わってくるのか?
全国大会団体戦の後は、個人戦、世界ジュニア、国麻・・・それとも一気にプロ編になるのか?・・・シノハユでどのような伏線が張られるかで決まる可能性がありそうである。



希望や妄想が入り交じった駄文ですが、『咲‐Saki‐全国編』大いに期待したいと思います。

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

かなで

Author:かなで
PCの状態が益々悪く、長時間の起動が厳しくなりました。現状18日位までは記事を用意しているのですが、その後はどうなるか不明。コメント等の返事も返す率が激減します。
大変申し訳ありません。(1/12)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

各校応援中
各校応援バナー・ニワカ咲さんありがとうございます
咲-Saki-まとめアンテナ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
9119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
1914位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
咲-Saki-まとめアンテナ
咲-Saki-(書け麻部)関連サイト
今現在リンクは書け麻部参加ブログ様中心に載せています
QRコード
QR
咲関連商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。