スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりの点差にネジが飛んだか

咲世界に初めて登場した、本格的参謀。
戦略戦術を始め、部の方針など様々な事を統率する軍師。
鶴賀学園大将・三年・加治木ゆみ
部長蒲原智美を補佐する名将。その智謀で鶴賀学園を県3位にまで押し上げた。

麻雀は高1の秋から始め、僅か二年で県内上位の実力者になった程である。
一点読みの鋭さと、その冷静な分析力で天江衣の支配の弱点を突く等、素晴らしいものがある。(衣の弱点については後日)
が、何もない非能力者の限界が透けて見える。
決勝戦では「脱いでもいいですか?」の台詞に惑わされたり、「イメージするんだ」「この手からどのような可能性があるか」等のオカルトじみた打ち方の前に敗れ去る。

慎重で気にしぃな性格、根暗に思われる事もある。
風越女子がキャプテン(個人)を慕う部員達の集まりで有る事を強調していたのと違い、鶴賀では部員同士の繋がりがより強く描かれている。
かじゅ×モモはガチだが、他の部員達も良い関係性で有る事が伺える。
麻雀部としての絆が強く描かれる高校の一つだ。
むっきーが少し存在感薄いが新部長である。

四校合同合宿では久とかなり仲良くなったようである。
その打ち筋と智謀が久を惹きつけたようであるが・・・かじゅの方も満更では無い様である。
今後、長野代表の参謀とかになるのではと予想する。

「まだまだ私の知らない先輩がいるっすね・・・」



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

私は 君が欲しい!!

ネット麻雀界最強と謳われるデジタルの化身・のどっちVS県内屈指のデジタル派・龍門渕透華。
注目浴びる対決に突然、にゅっと登場した第三の刺客・東横桃子。
「私の存在感、虫以下っすか!」

マイナスの気配、音の無い暗殺者、ひとりたりない、ミラクル影の薄い幽霊部員、捨てるっすモモ、鶴賀学園1年・東横桃子。
現在確認される唯一の常時発動型能力者。対局時は更に息を潜め、ステルスモードへと移行、モニター越しでしか視認出来ないレベルになる。
一般生活も困るレベルのモモの能力であるが、麻雀の対局には極めて有効、透華程の実力者にも通用する。
弱点はステルスモードに移行するのに時間が掛かると云う事に有る。
のどか等一部の人間には無効、また世界レベルの強豪、ブルーメンタール姉妹やニーマン辺りには通用しないとされる。

モモの能力をもう少し紐解いてみよう。
麻雀の対局は四人で行われている。
それが突然三人での対局状態になる。何故気が付かないのか?
存在感がなくなるだけでは誤魔化せない。視えるとか視えないとかも実際問題にならない。
モモの究極の能力は四人打ちが三人打ちになっても気にさせない、感覚、認識を狂わせる力だ。
不可視、認識外の存在になる。一見自身に掛かる能力のようで、実際は他者を惑わせる能力である。

そんなモモの麻雀の実力とは?
まず麻雀部入部以前のモモは他者と打った事が無いと考えられる。
そうモモはネット麻雀等で実力を身に付けている。
しかし疑問もある、ネットやTVゲームでの対局でリアルの麻雀の実力がそれ程付くものであろうか?
此処で思い出されるのが、同じネット雀士、のどかである。
のどかがまだ現実ではのどっち状態になれない頃、リアル状況に惑わされ、自身の麻雀が打てないという事があった。
モモはこの様な状態にはならなかったのであろうか?
のどかの場合、多少びびりで直ぐに周りに影響を受けるというのもあるが。
二刀流やボゼのお面は相手の心理を揺さぶったりするのに効果的なのかも。
その性格と打ち筋にかじゅが惚れ込んだ。堅い打ち筋、技術を高めた等と表現されるデジタル派。
技術を高めるとデジタルになるのだろうか?確かに感覚で打つ人間よりは技術的に上になるのかな。

が、咲ーSaki-世界でのモモの存在は麻雀だけにある訳ではない。
実はそれ以外の方がウェイトを占めている。
モモの麻雀部入部を始めとするエピソード、咲日和での存在感、アニメや阿知賀編でより鮮明になるかじゅとのガチな関係など。
能力を始め、世界観を証明する存在になっている。(やはり百合は公式公認設定か)

「大声で世界中練り歩くっす!!」


続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

みっつずつ みっつずつ・・・

鶴賀学園高等学校・・・ワハハのセリフから中高一貫である事が示唆される。
麻雀部は休部状態だったのを蒲原と加治木の二人が再興、県予選決勝までチームを導いた。
部長・蒲原智美を参謀・加治木ゆみが完全サポート、上手く歯車が回っている、理想的なチームである。

先鋒・二年・津山睦月
麻雀部三人目のメンバー。新部長、プロ麻雀せんべいカードのコレクターで、すこやんを尊敬、憧れている。
特徴が無いのが特徴か。
先鋒には各校のエースが来る事が多いのに何故此処に配置されたのか?かじゅの神算鬼謀が鶴賀を県3位にしたといえる。

次鋒・二年・妹尾佳織
部長蒲原の幼稚園からの幼馴染で、団体戦の数合わせとして呼ばれた完全素人。
麻雀は運の要素も大きい競技であるという事を体現したキャラで、鶴賀学園の眼鏡要員。
役満を上がり、区間一位に。
アニメの個人戦を含めると実に三回も役満を上がっている。
子供の頃から蒲原に引っ張り回されていそうだが、麻雀には誘われなかったのであろうか。
蒲原家は祖母の家に麻雀卓も有ったりと、相応には打ってそうである。
他にもモモを見つけられないと言う特殊能力を持つ。

中堅・三年・蒲原智美
「撃ち落せばいいんだろー」「風越を!!」のセリフは有名。
ワハハ、かまぼこ、スイカ口と、その特徴を良く現した愛称を持つ。
そのおおらかな性格で部を纏める。
通称ワハハカーを駆り、北へ南へ犠牲者を増やす。
麻雀の実力は、語るべき所が無い。麻雀が詳しい人なら解説出来るのかもしれないが、私には無理。

鶴賀のむっきーやワハハは普通、並みの打ち手なのであろう。
部のスタイルも先鋒~中堅が失点を最小に抑え、副将と大将で捲くるスタイルだ。
キャラの立ち具合は風越以上であろう。
咲ーSaki-は基本どの高校も部内の仲は良い。
かじゅとワハハも二人で同じ大学を目指している。

「フシギダナ~」
「ザマすぞ!」



続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

事前調査が何より大事!!

私立風越女子高等学校・・・三年・福路美穂子
唯一の3年生レギュラー、エースでキャプテン。
麻雀に対する深い愛と自信を持ち決勝戦先鋒に望む。

殆どイジメと思える位の雑用をこなし、他の部員に麻雀を打たせる。逆に申し訳なく思い、気になって打てないような気がするが。
三年だから私がと言っているが、他の三年が居ない(辞めた?)理由の一因ではなかろうか。
母性に溢れ優しいが、逆にそれがうざさに繋がり、中学生の頃から同級生の友達が出来なくなった。
お世話大好き天然系キャラで、久等には都合の良い相手と思われているのではなかろうか。

清澄以外で初めて登場した能力者でもある。
コンプレックスでもあるオッドアイ、閉じた右目を開く事によって自身にブーストを掛ける。思考力判断力観察力洞察力等が跳ね上がる。
しかしツモが良くなったりする訳ではないので、引き負けたりはする。自身が振り込まない様にしたり、他家を誘導する等、様々な応用が利く能力である。
運の要素も絡むが、対局の経験値を上げる事により更なるレベルアップが可能と思われる。
長期スパンで勝負するプロ向きかもしれない。
また麻雀以外にも対応可能な能力でもある。

コンプレックスと云う事もあるが、常時能力を発動させている訳ではない。
一般生活はともかく、麻雀の対局時は常時発動させていても良いのではと思うが、発動に何か条件があるのであろうか?
強敵と対局した時、右目を開く様であるが・・・
咲世界の能力は精神力、集中力を多分に使用。能力に寄っては体力、下手すれば命まで縮めて居るかも知れない。
これは能力の発現が何時あったかにもよるだろう。
右目を開く以前に相当情報収集をしている様でもある。
時間制限も考えられるが、描写が無い。わからない・・・全国大会個人戦での描写まで保留か。

料理の腕も相当で、ウサギりんごは芸術品。家電以上携帯未満の機械オンチ、アニメ等の描写から、機械からも嫌われていそうである。

昨年は副将で透華を抑え込んでいるなど、麻雀の実力は全国区と言えるだろう。
名門風越女子で三年間レギュラー、1年次は団体で全国出場、個人戦も二年連続(三年連続かも)全国大会出場。
三年の今年は個人戦で優勝している。
作者の設定の甘さからか(一番の原因は遅筆)、長野県予選時では春の選抜について語られる事が無い為、実際どれ位活躍しているかは不明。

後輩部員達に凄く慕われている。
連続出場を逃した風越女子の一,二年生部員の原動力に「キャプテンと8月を楽しむんだ!!」と云う思いがある。
肝心のキャプテンは、久に逢って以降そちらに心動いている様であるが。

「竹井久・・・って・・・」
「上埜さん・・・!?」

続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

池田ァァッ!!

風越女子大将・・・池田華菜
1年でレギュラー、二年連続名門風越の大将を務め、校内ランキング2位の実力者。
家では三つ子の優しいお姉さん。ウザさと図々しさなら負けない。
にゃ~と鳴き、ネコミミを生やす。特技はみはるんのモノマネ。
好きなものはキャプテンとみはるん。

長野県予選決勝で咲、衣と云う二人の魔物と卓を囲み、名勝負を演出した一人。
作中、読者共に人気のキャラの一人でもある。
無理な闘牌をしなければ、その引きの強さから可也の実力を見せる。
実際、アニメでは阿知賀女子相手に相応な闘牌を見せている。
久保コーチからも相当期待されている事が伺える。

数え役満、四暗刻単騎と2回も役満を作っている。
上がらなかったとはいえ、1試合で2回役満を作った作中唯一のキャラ。
決勝では倍満聴牌、跳満(差込)、数え役満、タンヤオドラ9立直、四暗刻単騎という事から高火力の打ち手と思われる。
結果的には無理な攻めでの大量失点。正当な打ち筋では天江衣の支配からは逃れられない事を証明した。
ジャミラなどネタの提供にも貢献、咲日和でも池田の巻が作られる程の人気ぶりを見せる。

非能力者で、魔物を感知したりも出来ないが、この池田のレベルが普通に全国出場校のエースレベルと見て良いだろう。
あくまで普通レベルの高校で、全国強豪校のエースからは1枚落ちと言った所だが、全国1回戦レベルの高校のエース並みには強キャラなのは間違いない。
龍門渕と清澄の存在が長野のレベルを異常に高いものにしている。
並の県なら鶴賀も風越も全国に出場していたであろう。

緋菜・菜沙・城菜
3つ子で池田の妹、咲日和の池田の巻の主役。
現在池田の活躍は咲日和でしか見られないが、全国編以降、何年後になるかわからないが、また活躍のチャンスがありそうである。
咲‐Saki‐には魅力的なキャラが多いので、そこまで続いて欲しい。または阿知賀編の様に何か補完があると嬉しく思う。
いっそ阿知賀編の様に、キャラ原案・原作・小林立で作画は別人にという手もある。アニメの構成監修も小林立に任せて漫画の作画は別にしよう。

「ニャーとか叫ぶ・・・」
「かわいがってねーし!!」

続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

「伝統の風越」が帰ってきたッ!!

「見せてあげましょう」「私達が最強だと言うことをー
私立風越女子高等学校。
長野の名門、部員数80人を誇る麻雀強豪校。
六年連続全国出場。個人戦での連続出場はそれ以上に続いていると思われる。
麻雀での特待生制度もあり、近年では池田華菜が特待生だ。
咲日和に於いても、風越の巻き、池田の巻き、煎餅の巻と3つものタイトルを持つ人気校でもある。

シード2校の内の1校で県予選二回戦から登場し、チームトータル224700点、+124700点を半荘五回で叩き出した。
去年3位の城山商業に135100点もの差を付け、一人浮き状態で勝利。
圧倒的強さを見せ付けた。
OGによる指導、鉄拳制裁も辞さない厳しさに伝統の重さが漂う。
王座奪還の為、歴代最強の五人が決勝に挑む。

この県予選決勝から重要卓における出場校の概要が、伝統、名門、強豪校と云われる高校から2校、新鋭、無名と云われる高校から2校と云う型になっていく。(ただし阿知賀編はこの限りではない)
長野県予選決勝は伝統、名門校の風越、名門、強豪校の龍門渕、無名校の鶴賀、新鋭の清澄となっている。
因みに全国大会2回戦は、伝統、名門校の姫松、名門、強豪校の永水女子、新鋭校の宮守、無名の清澄。
準決勝は、伝統、名門校の姫松、名門、強豪校の臨海、無名校の有珠山と清澄となっている。
この流れから行くと決勝は、名門、強豪校の白糸台、無名の清澄、新鋭校の阿知賀と考えると残り一つは姫松と臨海・・・3回は対戦しないと思われるので最後の一校は臨海が可能性高そうである。

風越女子次鋒・・・2年・吉留未春、通称みはるん
咲世界のお約束、1校1眼鏡の風越女子眼鏡枠要因で、同じ2年、池田華菜の親友である。
校内ランキングは4位と推測される。
対戦相手に恵まれず闘牌描写もほぼ無く点数も-1200と振るわなかった。
アニメの描写等で、それなりの実力を備えている事が見て取れる。

漫画の展開上、風越女子はかませっぽく見られてしまうが、決して弱い訳ではない。
全国出場校の基準の強さと見るべきであろう。
この事から、魔物クラスの加入はその学校を一気に全国区に持っていく事が可能な証と取れる。

風越女子中堅・・・1年・文堂星夏
僅か2ヶ月、校内ランキングを78位から5位に上げ、1年で名門風越のレギュラーを勝ち取った。
名門校の宿命か、レギュラー落ちした3年生は全員部を去っているようである。
下手な打ち回しをした訳ではないが、-49000と云う大量の失点をしてしまう。
対局前の不安が的中したかたちだ。
竹井久の打ち回しをより効果的にする為の生贄になった。
「こんな打ち手は風越にはいなかった・・・」
やはり1年生、経験不足は否めず、戦犯扱いとなる。
がそれで諦めた訳ではなく、来年のリベンジを誓っている。
またプロ麻雀せんべいカードのコレクターでもある。
「藤田プロが召喚されてしまう」

風越女子副将・・・2年・深堀純代
デジタル、堅実に技術を高めた選手と実力の高さを窺わせる。
「ここまで流局の多い試合は県予選では滅多に見られません!」
作者はこの副将戦で長野の麻雀レベルの高さを表現したかったものと思われる。
少なくとも和の強さを証明した。
全中覇者、全国強豪選手、捨てるすモモの3人と同卓で-10500点は健闘したと言えるのではないだろうか。

久保貴子・・・風越女子OG・現コーチ
風越女子の伝統を担っていた一人と思われる。
その厳しさに伝統の重みを背負う者の苦悩がある。
カツ丼プロと共に世界ジュニアの長野代表選手を選考する程の立場にいる。
長野に於ける風越の立場の強さを窺わせる。
風越の連続出場が始まる前年の優勝校はカツ丼率いる弓振高校であろうか?(カツ丼の活躍はインカレ時代からだから微妙?)

「何度までなら麻雀部の名を傷つけないかな・・・」









続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

Saki考察第十回ー嶺に咲く花のようにー

宮永咲
「この空間を支配する・・・超人的な豪運が」「奇跡を可能にするのは 神か悪魔ッー!!」
リンシャンカイホーと同じ名前を持つ本編主人公、阿知賀編での描かれ方、特にアニメでは魔王の風格を漂わせる文学少女。
宮永ホーンは姉妹の証。
子供の頃の家庭内DVにより麻雀が嫌いになってしまったが、気になる美少女雀士原村和により再び麻雀を打つようになる。

点数をプラマイゼロにする脅威の点数調整能力。
槓をすることにより支配を発揮、必要牌を積もる事が出来る能力を備え、魔物、怪物と称される。
両親は別居状態、姉との確執、過去の出来事によるトラウマなど、色々と心に闇を抱えている。
姉照との確執は深い様で、麻雀でなら話せるかもと思っているが、作者の陰謀で団体戦での対局は実現しない。
個人戦まで描く伏線か?「団体戦では負けたけど、個人戦で叩き潰してあげる」とか言って貰えるのだろうか。
シスコンで姉に逢う為「全部ゴッ倒す」宣言をしている。

本来は天然ドジッ娘属性の弱気キャラであり、極度の方向音痴。PC等の機械にも弱い。
靴下を脱ぐ事により、自身が一番麻雀を楽しんでいた頃の感覚を取り戻しリラックス、より感覚を研ぎ澄ませることが出来る。
麻雀部での70符2翻、県決勝での清一・対々・三暗刻・赤1・嶺上開花・・・数え役満は、作中屈指の名ツモシーンであり、まさに王者の打ち筋、主人公の貫禄である。

しかし本来物静かな性格のため、他者の対局中は空気と化す。
麻雀漫画の主人公として致命的とも言える弱点を持つ。
リンシャンマシーンと揶揄されるが、姉も対局中はコークスクリューを連発するだけで台詞なし、似たもの姉妹だ。

宮永咲 公式戦成績
県予選1回戦+46800点以上、県予選における清澄高校最高得点、半荘1回である事を考えると驚異的である
                1年生という事を考慮すると、これが長野県予選のMVPかなと思う。
県予選2回戦・・・不明
県予選決勝+1300/+21500・+22800
個人戦・・・全国大会出場
全国大会1回戦・・・出番なし
全国大会2回戦+5500/+4600・+10100
※咲の出した+46800点以上は、現在清澄高校麻雀部が公式戦で出した最高点である。また役満も唯一上がっている。

須賀京太郎
咲さんの中学からの知り合い。唯一の男子部員だが単なる雑用。残念なイケメンで、咲の相棒になれなかったタコスのおもちゃ。
素人としてまこの役に立ちそうと思ったが、それもなさそうながっかりキャラ。存在感なしの空気になっている。
が今後の展開次第では一発逆転もあるでぇ。

和と照の咲争奪戦、大星淡の参戦も囁かれる激闘にその存在感を発揮する事が出来るか。さらに湖の少女の登場の前にどうなる京太郎、空気からの脱出はなるか。


続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

閑話休題ー百合とぱんつー

一部でぱんつ履いてないと言う風潮があるようですが
のどか「ぱんつ履いてるとか履いてないとか、そんなオカルトありえません」
    「大体この世に普通の下着などありません」
    「永水の子や龍門渕の人が証明してます」

片岡優希さんが須賀くんにメイド服を捲って見せていたようですが、それについては?
のどか「ロングスカート等を着用する時に下着を履くのは礼儀です」
    「礼儀の範囲です。そんな常識も知らないのですか」

ジャージを着る時は他に何も身に着けないと言う事ですが
のどか「それは若さの証明です」
    「アラフォーになるとジャージも上下着ます」
    「他に何も付けないのは当然です」
こ~こ「一部ネコミミは可」
西田 「誰です、貴女?これは原村さんへのインタビューです」

本命咲さん時点に片岡さん、新子さん、高鴨さんと言うことですが本当ですか?
ゆうき「のどちゃんは私の嫁だじぇ」
のどか「憧の見た目と穏乃の性格で優希ですから、三人はお友達です」

百合は合法ですか?
のどか「合法です。両親も言っています」
西田 「検事と弁護士ですよね」
のどか「IPS細胞があります。出来なくとも私が将来完成させます」

麻雀漫画ですよね?
のどか「本格美少女麻雀物語」
    「ガールズマージャンストーリーです。男なんて空気です」

西田 「意気込みはいつも通りと」
    「それでは次の試合もがんばってください」
 
   「全部ゴッ倒します」
  



ブログ開設1週間

久々に気に入ったアニメ、咲‐Saki‐
ブログを開設してみたが、申し訳ないが愚痴です。
プラグインの設定からのカウンターの削除、バナーの貼り方他等、悪戦苦闘。
職探しの最中に何やってるんだって感じです。心理学的には現実からの逃避か・・・
しかしそれだけのモノを「咲‐Saki‐」と言う作品は持っている。
21世紀のアニメとして私の中で2位にランクしている。
1位はARIA・・・これは凄いアニメだ。嘗てアニメというものに関わった者として、賞賛を禁じ得ない。TVシリーズの作品としてあのクリエイティは驚嘆ものだ。作品として素晴らしい。

ブログの内容は色々考えたが、つまらなくても良いから考察にしようと思い立った。
自身も設定好きなので面白おかしいネタに走るより良いかと判断。
1巻からという古いネタからの考察にしたのは全国編のアニメ化決定で、今一度昔を振り返ってみようとの考えです。
考察の内容もあまり深く突っ込まない方が良いのか?とか迷うところもあり、また麻雀が分かっていない所もマイナスファクターになって苦しいところです。

私の駄文ですが、もし奇特にも私に考察して欲しいネタが有ったらコメント下さい。
期待に添えるかは分かりませんが、全力以上であたらせてもらいます。(全力以上はムリ)
あくまで遊び半分と云う事でお願いします。

気が乗れば何か文章を書くかもしれませんが、今現在は考察以外未定です。


Saki考察第九回ー雀荘roof-topー

咲世界の雀荘は・・・健全で現実での健康麻雀みたいな感じで、金や血液、臓器を掛けたり、薬を打ってガンパイしたりしない。
雀荘roof‐topは、わかめ・・・染谷まこの実家で、ノーレートのメイド雀荘。
実際は和にメイド服を着せる為の設定だった様な気がする。
カツ丼の出前の旨い店として一部で人気があり、常連客にはプロ雀士の藤田靖子も居る。

まこは小さい頃から此処で数々の対局を見て育ち、麻雀歴も長い。その実力を部長竹井久も高く評価している。
眼鏡を外すと過去の対局を呼び出し、それに対応した打ち方をする。
経験と記憶力に寄るものなのか、異能なのかは不明。危機回避能力も抜群で、他家の進み具合を読む事が出来る。
優希が言うには染め手が得意との事だが、好きな手(打ち方)と言ったところだ。
強がりで本当はプレッシャーに負けそうな久を支える良き相棒といった人物。

必殺技に対局のキンクリがあり、これで他者の名場面を消し去り、遅筆な作者を助けている。
彼女の存在が無ければ、Sakiの連載は、まだ全国大会の1回戦くらいであろう。
連載スピードを1年以上進めているかもしれない作者にとっての重要人物。
竹井久の相手としては数少ない、久の方が頼っている相手。

染谷まこの成績
県予選1回戦+18900
県予選2回戦・・・不明
県予選決勝・・・不明/不明・-19500
個人戦・・・予選落ち、全国出場ならず
全国大会1回戦・・・不明
全国大会2回戦+12900
アニメの進捗次第では、準決勝、決勝もキンクリの恐れあり。

藤田靖子・・・別名カツ丼さん
雀荘roof‐topの常連で、カツ丼を食べながら打つ。
実業団時代から「まくりの女王」と渾名される地元長野出進のプロ雀士。
竹井久にタメ口で話される位仲の良い知り合い。
変則試合の大会で天江衣に稼ぎ負けたが、初対局で和、咲を同時に相手して圧倒、プロの強さを見せ付けた。
天江衣の様な子供を欲しがっている。

ちなみに長い方のメイド服を着る時は、ぱんつを穿くようである。

続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

Saki考察第八回ー清澄高校麻雀部ー

ー清澄高校と竹井久ー
長野県立清澄高等学校、男女共学、離れに合宿錬等を持ち、生徒会長ではなく、学生議会長とするなど生徒主体な感じを受ける公立高校である。実際学生議会長である竹井久が学生議会の仕事をこなすシーンが結構みられる。
咲‐Saki‐を清澄高校麻雀部の視点から見ると、部長竹井(上埜)久の物語といえる。

清澄高校麻雀部部長・竹井久
同校唯一の3年生部員でもある。
麻雀の実力は3年前のインターミドルで全国区の実力者である福路美穂子を苦しめる等可也のもので、自身も強豪、名門校である風越女子に進学を希望するなど麻雀に対する姿勢も真摯である。
しかし家庭の事情により風越進学を断念、清澄に進学。
その麻雀部は廃部寸前という有様。部員も集まらない。
部員が集まらなかった原因の一因は、久にも有ったと思われる。
理由は、その麻雀に対する真剣な態度⇒全国大会出場という目標に対し、「夢見てんじゃねえ」「何寝言言ってるんだ」「風越にでも行けよ」と思われたのではなかろうか。
実際勧誘はしたが長くは続かなかったと言っている。
もう一つとしては久の実力について行けなかった⇒自分では足を引っ張ると思って辞めていったのではと思う。
久の人気や人柄から、嫌われて部員が離れていったとは思えないからだ。

ワカメ・・・染谷まこはそんな清澄高校麻雀部の実情にも文句を言う事なくついて行った。理由は久の麻雀の実力に惹かれた為と思われる。
まこは多くの牌譜を記憶する事で自身を成長させる事が出来る。この事から、久はまこにとって美味しい存在だったであろう。
無論人間的魅力にも惹かれているのも見て取れる。
まこの実力を久も高く評価している。

そんな中、即戦力の実力者・天才と称される原村和、それを軽く一蹴した天賦の才の持ち主、宮永咲。
素で全国を狙える人材が2人も入部、自身を含めて全国区になりそうな人間が3人、実力者のまこ、龍門渕の様な全国上位校がなければ軽く全国出場出来そうである。
これは俄然久を燃え上がらせたであろう。
全国出場=全国強豪校龍門渕に勝利。全国優勝も夢ではない。

皆で出場する事にこだわり、個人戦での出場をもしなかった竹井久。
しかし部活動中の会話で、まこが「部長は大会じゃぁ~」と言っている。
まことの出会いは高校であると思われ、この大会はいつの大会なのだろうか?
全国大会以外の大会か高校以外の大会にでも出場したのであろうか?鍵はカツ丼が握っていそうである。

竹井久成績
インターミドル3回戦不戦敗
県予選1回戦+14500
県予選2回戦・・・不明
県予選決勝+33500/+5600・+39100
個人戦・・・予選落ち、全国出場ならず
全国大会1回戦・・・不明
全国大会2回戦-25400/+10300・-15100

本人は通常は合理的に打つとしているが、ここぞの時は悪待ちになる、非能力者。
またツモ時のマナーが悪く対局者に注意を受ける事もある。県優勝校の最多得点者であるが、この事から長野県のMVP候補からは外されていると思われる。
印象値が高く様々な伽羅から注目されるタラシ属性、根からのスケコマシ。

今後の展開として、準決勝では姫松にリベンジ、決勝での白糸台との戦いを仮定すると、ここでも稼ぐと思われる。(照が圧倒的に稼ぐであろうから、ここで差を縮める必要がある)
家庭の事情等が語られるのはずっと先になりそうである。
また藤田靖子との出会いなども描いて欲しいなと希望。


続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

Saki考察第七回ーインハイ激闘ダイジェストー

名門校、強豪校は強い?
咲世界人気競技の麻雀。
夏の全国大会は71回を数え、TVラジヲでもその熱闘が放送され、「インハイ激闘ダイジェスト」等の番組が作られ、牌のお姉さんなるアイドル雀士までいる。
しかし少子化や不景気等の問題も抱えていそうである。
日本リーグのプレーオフに進出するような名門チームが経営合理化で廃部。
奈良県予選の出場校32校、長野61校・・・現実での高等学校の数が全国で5100以上、東京や大阪等に多くあったとしても少ない。
少子化が進んだ世界、IPS細胞による人口増加も真剣に討議されてそうな世の中である。

それは出場校の麻雀部事情からもみてとれる。
清澄高校、麻雀部の歴史そのものはそれなりにありそうだが、団体での県予選参加は初めて。名前だけの幽霊部員で存続(或いは学生議会長の権力?)。
阿知賀女子、鶴賀は廃部に休部状態を再興。
宮守女子も部員数3人とかどうやって存続していたのか謎なレベル。
高遠原中学も人数割れしていた。

しかも麻雀をする(したい)人間は強い所、多い所に流れてしまい、実力的にも格差が広がっている。
代表的なのが奈良県の名門校晩成高校。
40年に39度の全国大会出場。最高成績はベスト4以下。
進学校で、夏休み中の部活は週3回まで・・・
これは晩成高校が強いだけではなく、晩成高校に麻雀をする人間が集まっている証拠であろう。
奈良の場合、強者は隣の大阪に進学してそうだが(スカウトも含め)。

こう考えると部活動に力を入れている私立や昔から強豪校だった所が長期間強いと考えられる。
生徒数と金がモノを云う現実世界と同じ構造、プロの協力等を鑑みるに構造上のモデルとなっている高校野球の現状より悪い気がする。
大阪のような激戦区でもなければ、名門校や強豪校と言うのもあくまで県レベル、全国大会での上位校が都会ばかりなのもうなずける。


続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

Saki考察第六回ーのどっち・神(作者)に愛されし子ー

原村和・・・のどっち、デジタルの化身、おっぱいさん等数々の異名。「そんなオカルトありえません」「IPS細胞~」などの名言がある。
両親は検事と弁護士で、長野の前は奈良、その前には東京と転校を繰り返している。
全国中学生麻雀大会個人戦優勝者で、豊満な胸が特徴。

本編、阿知賀編通してのヒロインとして描かれる作者の理想像と思える伽羅。
まず、のどかの代表的名言「そんなオカルトありえません」から、咲世界伽羅で完全に能力を否定する唯一の打ち手と言える。他に完全オカルト否定はWeekly麻雀TODAYの西田記者くらいか。
「IPS細胞~」の発言については、作者の百合趣味や世界観の百合化に拍車を掛けるものと捕らえられがちだが、これは咲の世界がほんの少し未来であると示唆しているものと思われる(世界の百合化も否定せず)。

麻雀の打ち筋はデジタルの化身と言われるほどで、人間離れ、感情の無いマシーンと化している。
その為、闘牌シーンが地味で漫画的に面白くないと取られる事がある。
本格的麻雀漫画としてはまったく問題ないのであるが、能力麻雀が付いて回る咲世界では描写が難しい。
作者は麻雀に対し可也造詣も深く、細かく描いているだけにこのジレンマには苦労しているようである。
よって、和の麻雀戦は周りの描写で和の打ち筋を浮かび上がらせる様な手法をとっている(それでも厳しそうである)。

能力者か否かについては、非能力者である。
完全なデジタル打ちの理想像がのどっち・・・感情の無い闘牌マシーン。
作者がデジタル打ちでオカルト(ランダムな偏りや流れ等)否定派なのだろうか・・・

容姿に関しては作中で明確に美少女とされ、連載が続く毎に巨乳化していたりする。
また咲世界のテーマの一つとも言える、麻雀は楽しい、面白いを表現する為のバイブレーターでもある。
咲本編は和の麻雀が好きから始まる、「麻雀で繋がった絆」が中心であり、阿知賀編は麻雀は楽しい、もう一度みんなで楽しみたい、そこに向かって「成長していく」話しである。(阿知賀編には他に、赤土晴絵を中心に据えたテーマもあるが)

エトペンも和を語る上で外せない重要ファクターである。
抱き枕、乳置き場、精神安定剤と数々の役割を担うペンギンのヌイグルミであるが、実は和に降りかかる災厄を代わりに受ける身代わり人形である。(この場合の災厄とは麻雀シーンでの和の敗北)
ある時は和の代わりに悪戯され、誘拐、破損の目にあい、またある時は建物の天井にまで蹴り上げられたりして、その災厄を防いでいる。
事実、エトペンを抱いた和は負けていない。(点数がマイナスになっていない)

今後の作中に置いても和の存在が重要で、特に宮永姉妹の確執の中、咲を支える事が出来るか、物語のポイントになるであろう。

麻雀の実力について、昨今「実は大して強くないのでは?」と言う風潮があるが、そんなことは無い。
デジタル化する事により感情に左右されない闘牌に徹する事によるオカルトの無効化。
ここに咲世界の能力の秘密の一端がある。精神の強さ、集中力こそが咲世界の能力の根源(無論全てでは無い)。
さらに人間離れし、人外の打ち手になれば魔物クラスとも打てる日が来る・・・?



続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

Saki考察第五回ーそんなオカルトありえませんー

咲世界の能力について考えてみたいと思います。
今回は一人の伽羅の能力を掘り下げるのではなく、咲世界全体におけるオカルトの考察です。
 
①生まれ持った異能力
ここに含まれるのは、血のなせる業か、超能力や霊能力の類か、現実世界でも十分に異能なレベルの伽羅が多い。
異能力を麻雀に利用しているのが特徴。
永水女子の面々等は、血によるもの、異能力の代表であろう。
東横桃子のステルスは血ではなく、また別な異能と考えられる。超能力や霊能力の類とはまた別な特殊系。
天江衣や龍門淵透華等にも、血による異能があると考えられる。
咲世界では、宮永家や松実家の様に血(遺伝)で受け継がれるものが在るとみられる。
他にも風越女子キャプテン福路美穂子もここに含まれるだろう。

②後天的発現
努力や特訓、長年の積み重ねにより身に付けた異能力。
主人公宮永咲を中心に大概の伽羅は此処になる。
園城寺怜は後天的発現の代表みたいなものだが、あの一巡先を視る能力は麻雀限定なのだろうか?数秒先を視るとかではないし・・・まさに漫画な能力。ある意味これが咲き世界に於ける能力を考える上での根幹になるのではなかろうか。
流れを感じられる様になるとか、常人離れの洞察力とか。
咲世界では大抵の伽羅が現実世界のプロ以上の洞察力を持っているのは確かだが。
またワカメ・・・染谷まこの様に特殊な環境と自身の記憶力によって異能を発揮する者も居る。

③①や②に含まれない特殊なもの
宮守女子部長臼沢塞などがここになる。
元々の能力をモノクルというアイテムを利用し増幅、発現させている。
新道寺の二人・・・白水哩部長と鶴田姫子・・・同期能力者である事以外は解析不能。因果律にでも干渉するのか?(因果律に干渉してそうな伽羅は他にも居るが)

能力には振り幅が多く、人外、魔物クラスから単純に流れが見える程度のモノまで様々である。
また、己の努力でレベルアップしていくものでもある。
能力を持っているだけ、その力に感けているだけではダメと云う所は、ワンピースにおける悪魔の実の様である。
咲世界では「お前のは打ってるんじゃない」「打たされてるんだ・・・」と言う所か。

原村和・・・のどっちは能力者なのか?
次回の考察と云う事で。





続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

Saki考察第四回ー21世紀世界の麻雀競技人口は1億人を突破ー

咲世界の麻雀事情について考察してみようと思います。
作中であるとされるのは、小中高大学生の大会、国民麻雀大会、世界大会など。
プロはカツ丼さんこと、藤田靖子プロの台詞から幾つかの団体があることが判明。
またすこやん事、小鍛冶健夜プロの台詞からプロもメジャー団体以外のものがある事が分かる。
実業団チームもあったりするが、現実世界同様景気が悪く、経営不振で潰れる所も多いようだ。
高校に限っては、春夏の全国大会、秋の地方大会、国民麻雀大会や世界ジュニアなどがある。
夏の全国大会等は、一万人以上が凌ぎを削る。
一万人という人数は、あくまでレギュラーの数のみで高校の部活で麻雀を打っている者は、その数倍にも上る。

オカルト的な打ち方に関しては、一部に否定する者も居るが公然の秘密と言った感じだ。
麻雀特化の能力者が多いが、完全に異能の能力を麻雀に使っている者もいる。
東横桃子のステルスモードや永水女子の神降ろし等は完全に麻雀とは別世界の能力だ。

プロアマの交流も盛んな様でプロアマ交流戦があったり、指導対局をしたりしている。
だが全国大会期間中での指導対局は、ルール緩すぎ・・・
赤土晴絵時代は全国出場が決まったら小学生とも練習試合が出来なかったというのに。

他に咲世界での麻雀の特徴といえば、たった数日の特訓でも強くなれる熱血スポーツ漫画の様に成長するところであろうか。
伸び盛りとかあるのかもしれん。
また東風戦フリースタイルの様に、幾つかの競技種目があるようだ。
タコスが活躍出来るかもと思うが、魔物や怪物クラスの大能力合戦が繰り広げられ泣きを見るだけだろう。

続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

Saki考察第三回1巻2話初出・宮永照の記事よりー

第三回の考察は、本編内で語られてる様で語られていない、宮永照関連、高校時代の成績について。
最初の雑誌で確認出来るのは、春季選抜大会(全国大会)で優勝している事のみ。
第一局の記事より、大将であったことが判明。
さらにこの記事ではー学校大会覇者とある。
覇者とは、主に個人に使われる。この事を踏まえて、第2局での和と咲の会話時の和のモノローグにおいて「去年のインハイと春季大会の2冠優勝者」とある。
これは照が個人戦で優勝している事を示唆するものだと思われる。
それはインターハイ出場を決めた時の実況において、「現インターハイチャンピオン」と言われている事から確定しても良いと思う。
しかし一年時の夏の大会は、団体戦では優勝しているが、個人の成績は不明。
白糸台高校に限っては、2年前の夏、昨年の夏の団体優勝のみ確定。
周りのキャラの話しの流れから、今年の春も団体戦優勝をしていると考えられる。
また、アナウンサーの実況から語られるのは主にインハイ、春季大会に触れられる事はない事から、昨年の春は団体戦では優勝を逃していると思われる。
根拠の一つに、白糸台高校が台頭してきたのは照が入学してからと考えられるからだ。
強豪校等は、説明に何年連続出場とか40年で出場を逃したのは一度とかと言われるが白糸台に関してはなく、ただ三年連続出場とあるのみだからだ。
仮に2年時の団体でも優勝していたら、インハイ史上最強ではなく、高校麻雀界史上最強となるのではないだろとうか?

戻って、照の成績についてだが、1年の夏は団体戦優勝、個人戦は不明。
白糸台が照が入る以前はそれほど強豪校ではなかったぽいので、照は不出場で、3年生とか他のレギュラーが出たのではないかと予想。
咲世界の麻雀の扱いはスポーツに近い感覚があるので、1年生は出してもらえないとかあったのではと思われる。
これは他校でも1年生レギュラーは稀である事から十分考えられる。
と云う事で、照の成績(全国大会のみ)は、2年の春夏、3年の春個人優勝。
団体戦、1年夏、2年夏、3年春の3季優勝ではと考察する。

秋季大会については地方大会であり、描写されることが無いであろう。
他には阿知賀編の記事から、京都での東風戦フリースタイル等の大会にも出場しているようだ。
国民麻雀大会や世界大会にも出ていたりするのだろうか?
色々と情報が不足している為今回の考察は以上。
しかし照の成績は凄い、咲との対戦が実現しそうな個人戦が楽しみである。(そこまでやるかだが・・・)

続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

Saki考察第二回1巻2話よりータコスの能力ー

「天才なんですけどねっ!」「集中力が持続しないのだ」
とは、タコスこと、清澄高校1年 片岡優希の弁である。
東場に強く、起家になる確率が非常に高い。
この片岡優希も能力者の一人である。
タコス、或いは頭にタコが付く物を食べる事により自身の集中力を高め、配牌やツモを良くする。
正し、元々注意力が散漫な為、東場のみでしかその力を発揮する事が出来ない。
能力の位置付けとしては、「全体効果系」或いは「場の支配系」に分類されるだろう。
同系能力者としては平滝高校1年の南浦数絵がいる。

東場だけなら魔物クラスの力を発揮する事もあるが、その支配や効果はそれほど強い訳ではなく、自分自身のブーストと云った所だ。
だが全国大会1回戦クラスの相手なら軽く一蹴、各校のエースクラスと対戦して大負けした事は無い。
一番の失点は県大会決勝の-11100である。
上位能力者が多く、また強豪校の選手には通用しない事も多い。
集中力さえ持続出来るようになればまだまだ伸び代がある。
事実、県予選から全国までに可也レベルアップしている。
魔境長野で揉まれただけあって、優希も可也の実力者だ。
活躍の割には余り評価されていない所が少しかわいそうでもある。
ポジション的に活躍シーンは見られない、一番活躍した筈の全国大会一回戦も描かれる事なく終了。
準決勝や決勝での活躍は推して量るべし。

優希が食べているタコス自体にはドーピング効果は無いと思われるが、審判さんチェックお願います。

続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

Saki考察第一回1巻1話よりー咲のプラマイゼロの真意ー

Sakiの考察第一回目は1巻1話より「咲は何故プラマイゼロに打つのか?」を考えてみたいと思います。

咲はこの事について「私が打つといつもあんな風になっちゃうんです」と言っています。
その後、この打ち方は自ら覚えたと懐柔しています。
ポイントは2つ

①いつもあんな風~に
②自分で覚えた

この事からプラマイゼロは咲の異能ではなく、努力の末に異能のレベルまで高めたモノで在る事が推測されます。
また、①から普通に打った場合もプラマイゼロになってしまうと云う事から、咲の麻雀でのクセでもあるでしょう。
それでは何故咲はこんな能力を身に付けたのでしょう?
咲自身は「勝つと怒られ、負けるとお年玉を巻き上げられるから」と言っていますが、それだけが理由ではないと思われます。
この力を身に付けるには相当な努力、かなりの局数を要した事でしょう。
それを家族は見守った・・・
見守ったと思われる根拠として、咲のプラマイゼロは一話の僅か3局で部長に見破られ、全国大会準々決勝の姫松の大将末原や監督の赤阪郁乃にも看破されています。
何十局も打っているであろう家族麻雀でばれない筈がありません。
しかしその事に対して咲を怒ったと云う描写が無いという事は、家族はそれを認めていたという事です。

この事から宮永家での家族麻雀の真意が見えてきます。
その後の描写を見る限り父親はそれほど麻雀に関心がなさそうです。
おそらく鍵を握るのは未だ未登場の母親。
宮永母は照咲の姉妹を強い雀士に育てようとしていると思われます。
しかし今現在、母親の元には姉の照のみ。
両親が離婚、或いは別居の場合、子供は母方か、少なくとも下の子を連れて行くと思われ、姉の照の方を連れて行った理由を考えるに、娘をプロにしようとしているのではないかと思われる。
宮永母は何故、照を選んだか?
これは麻雀の実力ではなく、姉妹の性格に起因すると思われる。
これは咲が照の載った雑誌を読んでいた時の台詞から推測できる。
咲は「お姉ちゃんー相変わらず勝っているんだ」と
この事から照は家族麻雀で、怒られても勝ちに云った事が伺える。
勝気な性格の姉ー照
怒られたくないからプラマイゼロに打つ弱気な性格の咲。

プロとは厳しい世界である。
そんな厳しい世界でやっていくのに、弱気な性格ではやっていけないと、宮永母は思って照のみを手元に置いたのであろう。
また、いつか咲にも自分や姉を追って来て欲しい、色々なモノに立ち向かえる子になって欲しいとの思いがあるのではないかと思う。
咲のプラマイゼロは咲の弱気な性格の現れと見てとれる。
決して、魔王でも舐めプでもない、可弱い文学少女の咲でした。

長くなりましたが一回目の考察「咲は何故プラマイゼロに打つのか?」
咲の弱気の性格の現れ・・・努力の結晶と云う事で。

続きを読む

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

かなで

Author:かなで
PCの状態が益々悪く、長時間の起動が厳しくなりました。現状18日位までは記事を用意しているのですが、その後はどうなるか不明。コメント等の返事も返す率が激減します。
大変申し訳ありません。(1/12)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

各校応援中
各校応援バナー・ニワカ咲さんありがとうございます
咲-Saki-まとめアンテナ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
3768位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
786位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
咲-Saki-まとめアンテナ
咲-Saki-(書け麻部)関連サイト
今現在リンクは書け麻部参加ブログ様中心に載せています
QRコード
QR
咲関連商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。