スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿知賀編連載終了~その三~

大星淡の敗因は慢心、油断に傲慢とも取れる性格。
経験の浅さを露呈した敗北とも取れる。
白糸台としては、成長のため1度くらい淡は負けた方が良いとか思っていたのではないかととも思うが。
照は決勝に進めた事もあり、2位通過に対して何ら思う事はなかったようである。

淡の「私を拾った時のテル~」の台詞やこれまでの照の言動、対局後の照の態度等から、淡と照の関係を考え直す。
照は淡に妹の姿を見ている、代価的要素をもって接しているのでは?と思っていたが、違っていたかもしれない。
少しは妹の姿をタブらせる事も有るのかもしれないが、照にとって淡は麻雀で勝つ為の駒、手段に過ぎないのかもしれない。

淡が照に馴れ馴れしくするのを、照との関係が良好、照に懐いているからと思っていたが、淡が照に構って欲しくて甘えているだけの様だ。
2位に転落して控え室に戻った淡は、照に慰めて欲しかったのだろう。
淡にとっての今の麻雀は、照に褒めて欲しい、構って欲しいと云う手段なのでは無かろうか?

宮永家の家族麻雀の厳しさ、「相変わらず勝っているんだ・・・」と云う咲の回想から、宮永家、或いは宮永照の麻雀は勝利至上主義、勝つ事、優勝する事がもっとも大切。
勝利を目指さなかった咲との対立も当然だろう。
照は自身の存在を麻雀で勝利する事でしか示せないと思っているのではないか?
打点上昇は上がる(勝利)事に自身の存在感を示している為ではないだろうか?

能力開花で一気に成長した高鴨穏乃。
一速二速とは山を登る速度を上げる事だった・・・私の予想は思考の深化の為の準備ではずれ。
それにしても和との再会から大将戦で、精神的に成長したなと云うのが感想ではある。
まだ発展途上であり、ある程度の局数をこなさなければ発現しないと思われる能力。

小鍛治健夜と赤土晴絵の再会、そしてプロ入り宣言
阿知賀女子優勝の可能性を示唆、それとも再来年に優勝、その間にすこやんも日本リーグ復帰で『咲-プロ編-』開始か。



スポンサーサイト

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

阿知賀編連載終了~その二~

様々な見所と期待を以て見届けた1年半。
小林立・五十嵐あぐりのコンビは期待以上のモノを魅せてくれたのではないだろうか。
青年誌と少年誌の作風の違いによるキャラクターや作品世界の新たなる魅力を十全に出し、読者に応えてくれたと思う。

私は阿知賀編連載初期に、「作品世界の補完」「新しいキャラクターの魅力、魅せ方」「ラスボス・白糸台」そして高鴨穏乃は宮永咲に対し、何を持って闘う・・・挑むのか?を注目していた。
本編では最低限に満たない程しか語れない登場人物、それらは補完されるのか・・・

確実に一人、補完された人物がいる。
言わずもな、原村和嬢である。
私は本編で原村和が父親の意向に反対してまで清澄に残りたいと思う気持ちに、どこかしっくりしないモノを感じていた。

頭も良く両親の仕事を理解し尊敬、転校などは当たり前、友人との別れも半ば諦めに似た感情も見られる。
麻雀は好きでも、誰かと打つ事へのこだわりは薄く、一人ネット麻雀をしていた。
その強気な性格は「打倒・宮永咲」へ向くのではないだろうか?
実際、藤田プロに対してはリベンジを誓っている。
これは対戦相手へ興味を見せない和には珍しい事ともとれる。

そんな原村和が、何故清澄の麻雀部で打つ事にこだわりを見せたのか?
入学したての清澄にそれだけのものはない、高遠原中学時代の麻雀部、花田煌との出会いが和の現在を形作ったと推測される。
片岡優希、原村和に仲間と打つ麻雀の楽しさを教えた花田煌、それがあってこそ阿知賀メンバーとの再会が生きたのだと感じる。

白糸台の敗北は少年誌ならではの展開ではあるが、この物語の主役達はあくまで高校生である事を感じさせた。
何が何でも負ける訳には行かないと云う、プロではない。敗けても成長すれば良い、高校生達なのだ。
成長に敗北が必要な事もある、「勝って得、敗けて得る」事こそが正しいのではないだろうか。

恐るべし船久保浩子・・・
赤土晴絵や船久保浩子の解析力はSaki世界でも常人を凌駕している。
フナQに至っては、能力と言って良いレベルだろう。


テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

阿知賀編連載終了~その一~

遂に『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』が月刊少年ガンガンでの連載を終えた・・・
本編『咲-Saki-』以前、『和-episode zero-』と云った感じの第一話から本編第105局前までの物語。
色々思う事や書きたい事はありますが、感想とかは一旦置いておいて、今回は阿知賀女子学院大将・一年・高鴨穏乃の能力について考えます。

私には麻雀の知識はないので、その部分の解説は他の人に任せます。
作中で山の支配を匂わせる様な説明等が有ります。
まるで対咲さんを考えて作られた様な能力で、実際その可能性が高い様な気がしますが・・・あくまで気がしただけで、直ぐに「なるほどな・・・良く練られたストーリー」と作者の構成力の高さに唸りました。

以前に穏乃は日本神話に於いて誰にあたるかを考えましたが、見事外れました。
作者とは見ている方向が違った。
私は名前等から穏乃の事を考えてしまいました。
重要なのは舞台・奈良県・吉野の山でした。
吉野の山からは天皇家の争いや伝説神話、熊野参道に山岳信仰等、色々有り過ぎて正直逃げてしまいました。

恐らく殆どの読者は穏乃の能力は、山の支配と思っていると思うのですが、私は少し違います。
山の神だとすると「大山祇神(オオヤマツミ)」でしょう。
深い山の主と称された穏乃。

姫子と哩の絆を乱した事とモヤが~等と云った表現が、山の神に疑問を持たせ、照の本編での或る言葉がこの答えを導かせました。
山の主とは「霧」であると。
「大山祇神」と「鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)」の子「天之狭霧神」霧と異世界との境界線を司る神。 (国之狭霧神の可能性もあるが)

決勝での咲の窮地と逆転の演出、照の言葉、宮永姉妹、宮永照の存在・・・嶺上開花
高鴨穏乃が『咲-Saki-』物語、その鍵の一つを握っているのかもしれない。

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

かなで

Author:かなで
PCの状態が益々悪く、長時間の起動が厳しくなりました。現状18日位までは記事を用意しているのですが、その後はどうなるか不明。コメント等の返事も返す率が激減します。
大変申し訳ありません。(1/12)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

各校応援中
各校応援バナー・ニワカ咲さんありがとうございます
咲-Saki-まとめアンテナ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
3768位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
786位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
咲-Saki-まとめアンテナ
咲-Saki-(書け麻部)関連サイト
今現在リンクは書け麻部参加ブログ様中心に載せています
QRコード
QR
咲関連商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。