スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白糸台高校決勝戦進出おめでとう

ここ数回に渡って阿知賀女子を中心に書いたので他の記事もということで、同じく全国大会決勝戦に進んだ白糸台高校について。

漫画内での過剰な煽りもあり、読者から過度の期待を受けた白糸台高校。
「高校生1万人の頂点」である宮永照は、「インターハイと言えば彼女のこと」と謂われる実力を遺憾なく発揮、最強を証明、ラスボスの存在感を見せつけた。
しかし、残る四人は読者の期待にイマイチ応えきれなかった様だ。

強さの基準が何処にあるかが難しいとうの問題もあり、読者に上手く伝わらなかった。
清澄や龍門渕等の強さが際立っており、それと比べてしまいイメージが良くない。
準決勝での収支がマイナス、大物感が伝わらなかった(高校生で運動部でもないし微妙)、亦野の対局中の動揺もそれらに拍車をかけてしまった。

前からの疑問の一つに、白糸台は宮永照入学前から強かったのか?それとも入学後に強くなったのか?というのがあったのだが、部員数や複数のチームをもって競わせる等としている事から、強豪校、もしくは名門校と言われる学校の可能性がある。
個人の強さではなく、チームを作らせて競わせるチーム力重視の方針を伺う事が出来るが、果たしてこれで最強になるのであろうか?
チーム力重視の競技ならまだしも、団体戦とはいえ、個人競技の部類である麻雀でそこまでチームにこだわる必要性はないと思うのだが。

単純に強い順にチームを組ませ、相性や戦略等で一位から一〇位位までの部員の中から五人を選抜した方がより最強のチームになったと思われる。
現状では宮永照の強さのみがクローズアップされてしまい、チームが強いのではなく、宮永照が居るチームが強いチームになってしまった様な感じを受ける。

しかし作中最強を謳われる白糸台高校がこれで終わるはずがない。
決勝では弘世菫はクセを修正、渋谷尭深も能力以外の素の実力を見せてくるだろう。
大星淡も「宮永照の後継者」と謂われる実力の全てを見せてくれるであろう。
亦野誠子・・・対局者との相性次第では何かを起こしそう。

実際、決勝で当たると思われる阿知賀と清澄を入れて考えると結構良い展開になりそうである。
クセを修正した菫は、待ちを主体とした麻雀で、まことの相性が良く、まこは宥姉との相性が良いと思われる。
久と憧では完全に久が実力で上回っているが、尭深の存在が久の独走を許すまでには行かないだろう。
和、灼という、実力者同士の対局、変則的な打ち方をする誠子が場を掻き回すかもしれない。
照の貯金、久のお陰で沈まなかった清澄、全体的に少し分が悪かった阿知賀は大将の穏乃が巻き返しを魅せる。

咲の嶺上開花は淡&穏乃を打ち破れるか。宮永照の真の力が解放される時、優希&玄は何を魅せるのか。
ここにもう一校が加わり、更に深みをます展開が繰り広げられる事だろう。
と期待している。


スポンサーサイト

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

阿知賀女子学院・決勝に至る

阿知賀女子学院が準決勝を勝ち上がり、悲願の決勝進出。
連載当初、その速いペースでダイジェスト的な展開もあり、イマイチその強さが伝わってこなかった阿知賀メンバーであったが、この度目出度く決勝戦へと駒を進めた。
今連載が終わってみて、彼女達は何れ位成長・・・強くなったのであろうか?

実際麻雀漫画で強くなった上手くなったとのを読者に判断させるのは難しい。
また咲-SAKI-世界での麻雀の強さの基準も大きく示されていないのも判断を難しくさせる要因になっている。
個人戦のランキングを10位くらいまで発表して、そのキャラと比べてとかがあるともう少し判断する材料になるのだが、確定している情報の絶対量が少ない。
それらを踏まえて、阿知賀女子の現在を見てみよう。

3年・松実宥
安定感抜群の闘牌、チームの勝ち頭。準決勝では3年生ブーストも掛かり大活躍を見せる。
「あったかい牌が集まる」という牌の偏りはあるものの、それが弱点とはならない、逆にそれを相手が把握していると言う事を利用した闘牌に磨きをかけたようだ。
二回戦、準決勝と進む事に強くなっているのが分かる。
また赤土晴絵の指示を即座に実行出来る高い能力を持っている。
高い観察眼と集中力と隙がなくなってきているが、これまで活躍した分、決勝では目立たないかもしれない。

2年・松美玄
「ドラを支配する」とも云われる能力で高い攻撃力を誇るが、ドラを切れないという欠点とも取れる弱点は健在。
準決勝のラストで見せたドラ切りは、一回の対局で2度3度使える訳ではない。
能力に振り回されてしまうのはその能力の高さ故であろうが、厳しい。
しかし彼女の実力の本質はそれだけではないと思われる。

姉の宥を誘う時、玄は彼女の実力を「私と同じくらい」と言っている。
宥姉が手加減していたとも考えられるが、それでも阿知賀子供麻雀倶楽部でNO1の実力を誇っていた事から、能力なしでの実力も相応だろう。
2回戦、準決勝と苦しんだ事から、決勝では対局中にドラゴンが復活して活躍などといった事が考えられる。
その能力から、麻雀が強くなった上手くなった等の判断は付き難く、精神面での成長が決勝では見られるのでないだろうか・・・

2年・鷺森灼
その能力自体が長らく不明、準決勝で一気に活躍した感もある。
準決勝では自身の能力を応用、赤土晴絵の牌譜から学んだ闘牌を見せる等、実力者ぶりを見せる。
もともと実力が高く設定されており、解析能力も高く、全国で強者の打ち筋等を見てその実力を高めたと考えられる。

1年・新子憧
セーラとの打ち合い等で強くなっている事は分かるのだが・・・
デジタルでは絶対的強者の原村和嬢が居る為、強さで目立つのは難しい。
強いとか上手いではなく、和との違いを見せるしかなさそうである。

1年・高鴨穏乃
準決勝でついに覚醒した阿知賀編の真の主人公。
能力に目覚めたので強くなった・・・分かりやすく強くなった。
しかしそれだけで上手くなったと断じる事が出来るのであろうか。

能力の強さだけが麻雀の上手さ強さの全てではないはずである。
能力に打たされているだけだと、自身の実力が伸びにくくなる。(永水の神代小蒔などはその典型と言える)
穏乃は強くなった、強くなり能力者となった事でその宿命をも背負わねばならなくなった。
しかし以前よりその精神面の強靭さで、努力と根性を魅せた彼女は確実に前進した。

阿知賀女子は決勝に進出したが、まだまだ油断はできない、決勝の相手は三連覇を狙う強豪白糸台、Bブロック準決勝では全国ベスト4の臨海女子、名門姫松に新鋭の有珠山・・・そして清澄高校が決勝に進出を掛けて戦っている。

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

かなで

Author:かなで
PCの状態が益々悪く、長時間の起動が厳しくなりました。現状18日位までは記事を用意しているのですが、その後はどうなるか不明。コメント等の返事も返す率が激減します。
大変申し訳ありません。(1/12)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

各校応援中
各校応援バナー・ニワカ咲さんありがとうございます
咲-Saki-まとめアンテナ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
9119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
1914位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
咲-Saki-まとめアンテナ
咲-Saki-(書け麻部)関連サイト
今現在リンクは書け麻部参加ブログ様中心に載せています
QRコード
QR
咲関連商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。