スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿知賀編総括(仮)

もう直ぐ阿知賀編が終わりを迎えます。
その前に一度阿知賀編とは何だったのか、総括してみたいと思います。
今現在のモノなので、完結後に意見が変わっているかもしれませんが、今の意見を。

まず私が咲‐Saki‐と云う作品を知ったのは1期のアニメです。
その後漫画を読み、阿知賀編、阿知賀編アニメとなります。

始めに阿知賀編はアニメ化を前提に作られている。
最初に商業化有りきという作品です。
掲載誌は少年誌、本編のアニメ化の成功はあれど、麻雀に対する世間のイメージは必ずしも良いとは言えません。
咲‐Saki‐以前の麻雀アニメ、「アカギ」「哲也」「哭きの竜」他等も決して子供向けのイメージとは言えず、ゴールデンでの放送など無理です。




キャラクーターに対して一部で本編の立先生の方が良い等の意見がありますが、これは掲載誌が少年誌であり、アニメ化が前提だから、丸みを帯びた柔らかめのタッチのあぐり先生が選ばれたのでしょう。(それだけが理由の全てでは無いでしょうが)
アニメには監督がいて、監督のセンスで作られる訳ですが、それが全てではありません。
自身の所属する制作会社の上層部、スポンサーを納得させる物を作らなければいけないと言う制約があります。

基本アニメ制作会社の上層部は(特に古い所)、アニメは子供のモノ、エンターティナー・・・万人に受け入れなければならないと思っています。
私から言わせて貰えば、そんな考えはナンセンス、30年も40年以上も昔の考え方であると。
高度経済成長時代の「日本総中流化計画」、「三種の神器」が持て囃されていた頃、皆が欲しいモノが同じだった頃の話であり、現在の状況とはまったくと言って良い程違う。

今は多様化、多趣味の時代である。殆どの人が欲しがるものなど、安心、安全、平和に金と携帯電話位であろう。(真面な政府と真面目な官僚も欲しいが・・・無理、贅沢の極み)
万人に受けるなんて無理、寝言、夢物語のレベルであるのだが、制作会社の上層部は建前上(本音で言う人間もいる)、万人に受けるモノを求める。
まず此処が本編と大きく違う所、阿知賀編の対象年齢である。
阿知賀編の対象者は、まず子供(小中学生)だという事だ。

ここで先ず問題が生じる。子供向けにするという事は、麻雀が描けない、詳しく描けない、ルール説明なども最低限、ほぼ不可という制約。
麻雀漫画で闘牌以外で魅せなければならない。能力に傾倒せざる得なくなる。
能力麻雀、闘牌シーンの演出過多で乗り切るしかない。

少年漫画としては、これで全然OKであろう。しかし本編は青年誌である。
2つの間にある齟齬が顕著になっていく。
しかも阿知賀編は大成功、この顧客を逃したくないと考えるのは至極当然。
本編が阿知賀編に合わせる事態に・・・本末転倒なのであるが、阿知賀の客(子供)を引っ張るには、そうせざる得ない。
麻雀の地上波放送はやはり難しいと言う事だろう。

漫画家としても出版社の意向には面と向かって反対も出来ないであろうし、また立先生はファンタジー好き、能力麻雀を描くのも吝かではないのかもしれない。(遅筆で文句も言えない可能性もあり。仕事も欲しいだろうしね)
阿知賀編は単体として楽しむ分には面白いと思うし、私は好きである。

①阿知賀の麻雀に合わせざる得なくなる本編・・・この部分が阿知賀編最大のミス、本編に悪影響を与えた。(立先生などには想定外だったかもしれないが)
②麻雀漫画の可能性を示した・・・阿知賀編最大の功績と言える。
③咲‐Saki‐世界の魅力を拡げた・・・咲日和を生むなど、更なる飛躍をもたらした。
この3つが大きい功罪であろう。

阿知賀編の影響が本編を面白くしているかどうかは、意見の分かれる所であろう。
青年誌の麻雀漫画として読み出した読者諸兄には不満を持つ方も居るのではなかろうか。
難しい所であろう。
しかもそれを修正できない状態での全国編のアニメ化である。

立先生にスケジュール的にも無理をさせ過ぎている。
闘牌シーンなど益々考える暇がなくなるであろう。
アニメのスタッフも昔よりは良くなっているが、基本色々知らない場合が多い。
昔のスポーツアニメなどでもポジションが可笑しかったり、道具の持ち方がおかしかったりと、ルールも知らないで作っているのがバレバレであった。

阿知賀編は商業的には成功した。アニメ、漫画共に成功、申し分なし。
キャラの魅せ方も十二分に合格点だと思う。
しかし能力麻雀に傾倒せざる得なかったが為に、2回戦では千里山に、準決勝でも他校に見せ場を多く取られてしまった。
契約上仕方がなかったとはいえ、アニメスタッフの目算の甘さ、阿知賀のメンバーの魅力がかなりスポイトされてしまった。1クールでは無理があった。

阿知賀編も良かったが、本編初期の麻雀漫画としての面白さを詰め込んだ「咲‐Saki‐」も描いて欲しい。
可能なら、本編合流後は、また違った角度から描き直して欲しいとも思う。
白糸台、阿知賀共に能力麻雀の煽りを完全に受けてしまっている。
本編では本格ガールズ麻雀物語に軌道修正して欲しい。

やはり、本編には本編の阿知賀には阿知賀の魅力がある。
そこん所を大切に描いて欲しいと切に願う。
また、可能なら阿知賀以外のスピンオフ作品もやって欲しいと思う。

結論・・・阿知賀単体なら面白い。本編も単体なら文句なく面白い。合わせたら未知数。
どの部分を評価するかに掛かってくる。
私はこれから本編が辿る方向性がどちらに転んでも良いと思うが、中途半端になるのはやめて欲しい。
これからも「咲‐Saki‐」の魅力を十二分に発揮した作品に期待します。



こんなアニメもありました。私の知る限り最初の地上波放送の麻雀アニメだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 咲-Saki-
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

少し気になったので

はじめまして。
年齢だけは制作会社の上層部と同世代の咲-Saki-ファンですが、すこし反論させてください。

>咲‐Saki‐以前の麻雀アニメ、「アカギ」「哲也」「哭きの竜」他等も決して子供向けのイメージとは言えず、ゴールデンでの放送など無理です。
これは別に麻雀アニメに限った話ではなく、ほとんどのアニメがゴールデンでの放送されなくなっています。理由はゴールデンにテレビを見る人のうちでアニメを見る人が少なくなってきたから、つまり少子化の影響とされています。

> 阿知賀編の対象者は、まず子供(小中学生)だという事だ。
そんなことありません。第一、最近の少年誌の読者層で小中学生の割合は、それほど高くありません。
一応、参考情報 http://teddy0021.exblog.jp/1514248/

>ここで先ず問題が生じる。子供向けにするという事は、麻雀が描けない、詳しく描けない、ルール説明なども最低限、ほぼ不可という制約。
これも誤解です。阿知賀編でも麻雀が描けています。一番わかりやすい例が、準決勝先鋒戦後半のオーラス、玄がドラを切って照から直撃をとる場面ですが、怜が「改変完了」と言っています。この時、何を改変したのか、つまり怜が3巡先を読まなければ何が起きて、それをどのように変えたのかが、よく牌姿を見ればわかるようになっています。詳細は、この記事がわかりやすいです。 http://www2.ocn.ne.jp/~white/column-achiga3.htm

>アニメのスタッフも昔よりは良くなっているが、基本色々知らない場合が多い。
昔のスポーツアニメなどでもポジションが可笑しかったり、道具の持ち方がおかしかったりと、ルールも知らないで作っているのがバレバレであった。
これも言いがかりかと思います。
漫画とアニメでは制作にかかわる人数が全然違います。漫画の場合、背景を専門に描く人やアシスタントもいますが、せいぜい5~6人です。ですが、アニメの場合エンドロールに流れるスタッフの数を数えてみてください。その全員がルールを知らなければならないというのは無理というものでしょう。これはアニメが多人数による分業で制作される以上、避けることはできませんし、監督が全てをチェックできるものでもありません。(それは、作画監督などの仕事です)
しかし、咲-Saki-の場合、幸運なことに、監督の小野さんも脚本の浦畑さんも麻雀には詳しいかたです。アニメ1期の個人戦は、立先生の中でストーリーは決まっていたけど、牌譜は作られていなかったのでアニメのスタッフで作られたそうです。その中で赤五萬を切って五萬を持っていないように見せかけて当たり牌を引き出すシーンがありましたが、これは原作の全国2回戦でも使われましたね。

長文失礼しました。
ただ、阿知賀編が能力バトルに偏重していて麻雀漫画になっていないというご意見には賛同できなかったので、ご容赦ください。

Re: 少し気になったので

> はじめまして。
> 年齢だけは制作会社の上層部と同世代の咲-Saki-ファンですが、すこし反論させてください。
>
> >咲‐Saki‐以前の麻雀アニメ、「アカギ」「哲也」「哭きの竜」他等も決して子供向けのイメージとは言えず、ゴールデンでの放送など無理です。
> これは別に麻雀アニメに限った話ではなく、ほとんどのアニメがゴールデンでの放送されなくなっています。理由はゴールデンにテレビを見る人のうちでアニメを見る人が少なくなってきたから、つまり少子化の影響とされています。
>
> > 阿知賀編の対象者は、まず子供(小中学生)だという事だ。
> そんなことありません。第一、最近の少年誌の読者層で小中学生の割合は、それほど高くありません。
> 一応、参考情報 http://teddy0021.exblog.jp/1514248/
>
> >ここで先ず問題が生じる。子供向けにするという事は、麻雀が描けない、詳しく描けない、ルール説明なども最低限、ほぼ不可という制約。
> これも誤解です。阿知賀編でも麻雀が描けています。一番わかりやすい例が、準決勝先鋒戦後半のオーラス、玄がドラを切って照から直撃をとる場面ですが、怜が「改変完了」と言っています。この時、何を改変したのか、つまり怜が3巡先を読まなければ何が起きて、それをどのように変えたのかが、よく牌姿を見ればわかるようになっています。詳細は、この記事がわかりやすいです。 http://www2.ocn.ne.jp/~white/column-achiga3.htm
>
> >アニメのスタッフも昔よりは良くなっているが、基本色々知らない場合が多い。
> 昔のスポーツアニメなどでもポジションが可笑しかったり、道具の持ち方がおかしかったりと、ルールも知らないで作っているのがバレバレであった。
> これも言いがかりかと思います。
> 漫画とアニメでは制作にかかわる人数が全然違います。漫画の場合、背景を専門に描く人やアシスタントもいますが、せいぜい5~6人です。ですが、アニメの場合エンドロールに流れるスタッフの数を数えてみてください。その全員がルールを知らなければならないというのは無理というものでしょう。これはアニメが多人数による分業で制作される以上、避けることはできませんし、監督が全てをチェックできるものでもありません。(それは、作画監督などの仕事です)
> しかし、咲-Saki-の場合、幸運なことに、監督の小野さんも脚本の浦畑さんも麻雀には詳しいかたです。アニメ1期の個人戦は、立先生の中でストーリーは決まっていたけど、牌譜は作られていなかったのでアニメのスタッフで作られたそうです。その中で赤五萬を切って五萬を持っていないように見せかけて当たり牌を引き出すシーンがありましたが、これは原作の全国2回戦でも使われましたね。
>
> 長文失礼しました。
> ただ、阿知賀編が能力バトルに偏重していて麻雀漫画になっていないというご意見には賛同できなかったので、ご容赦ください。

読み返した後にこの様な意見が出ると思いましたが、承知で訂正等を入れませんでした。
誤解を与えるかどうかと思ったのですが、文章の量を極力抑えたく、この長さになりました。
少子化の影響は確かにあり、かなりの作品がその影響を受けているのは事実です。
また読者層についてですが、大人も漫画を読む時代なのは重々承知しています。
ただ、咲は運良く違いますが、一般に大手のアニメ制作会社は少年誌をアニメ化する場合の年齢層を低く見積もります。残念ながら・・・

> これも誤解です。阿知賀編でも麻雀が描けています。
漫画の中で詳しくルール説明等が出来ないという事です。
阿知賀の少年誌の制約の話です。

アニメについては阿知賀が正しく描けていないのではなく、昔はそういう事もあったということです。
40年くらい前の巨人の星とかの時代の話しです。

> ただ、阿知賀編が能力バトルに偏重していて麻雀漫画になっていないというご意見には賛同できなかった
少年誌と青年誌の差を少し誇張しています。
ブログのタイトルにもある様に「遊び半分」少しだけエッセンスを足したり、表現を違えてりしている事、ご了承下さい。
余り突っ込み過ぎないような記事を書いているので、敢えて書かなかったりしている部分もあります。
アニメ会社や出版社に対しては多少の知識があるので、すみません。
少しテンションが高かった時に書いてしまったので、自分のブログを書くルールに若干抵触してしまいました。

もう少し詳しい話も色々あるのですが、WEB上では控えさせて下さい。
少し言葉が足りませんがご了承下さる様お願いします。

能力麻雀になったのが阿知賀編のせいなどの妄想をいかにも本当のことのように語るのはどうかと思う

あと、好きとか言ってフォローしてるつもりかもしれないけど阿知賀編への不満が節々から感じられる
本編至上主義の人が取り繕って書いた記事みたいで読んでて気持ち悪かった
プロフィール

かなで

Author:かなで
PCの状態が益々悪く、長時間の起動が厳しくなりました。現状18日位までは記事を用意しているのですが、その後はどうなるか不明。コメント等の返事も返す率が激減します。
大変申し訳ありません。(1/12)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

各校応援中
各校応援バナー・ニワカ咲さんありがとうございます
咲-Saki-まとめアンテナ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
3353位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
687位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
咲-Saki-まとめアンテナ
咲-Saki-(書け麻部)関連サイト
今現在リンクは書け麻部参加ブログ様中心に載せています
QRコード
QR
咲関連商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。